DJIドローンMAVIC MINIを飛ばしてみる

以前に DJIのMAVIC2 PRO を購入しましたが(DJIドローンMAVIC2PROを飛ばしてみる)、DJI より重量が 200g 以下のドローン、MAVIC MINI が登場しました。

簡単に持ち歩けて飛ばせるので購入してみました!

 

200g 以下というのが重要で、日本では 200g 以上のドローンは航空法の制限にかかり飛行できる場所に制限があったり、飛行許可を取得しなければならなかったりしますが、200g 以下のものには制限がありません。

かといって、どこでも好き勝手に飛ばせるわけではありませんので飛ばす場合は注意してください。

 

パッケージ内容

・キャリーケース
・プロペラガイド
・バッテリー x 3
・充電器
・プロポ
・ドローン本体

※microSDは付いていませんので別途購入が必要です。

 

キャリーケース

 

ケースの中はこんな感じになっています

 

右上に入っているのが充電器で、下図のように3つセットして同時に充電できます。

USBケーブルで充電器を接続してバッテーリーに充電できるので、携帯バッテリーからも充電することができます。

 

ドローン本体

形は MAVIC2 PRO の小型版という感じですね。

プロペラアームの展開も同じ

 

プロポ

こちらも MAVIC2 PRO とほぼ同形状です。

 

MAVIC2 PRO との比較

ドローン本体を並べてみました、大きさの違いがわかると思います。

親子みたいです(*´ω`*)

 

プロポは大きさは同じですが、MINI の方にはステータスモニタがありません。

ステータス情報は全てスマホで見ることになります。

 

 

DJI FRY

DJI FRI はドローンの映像や本体情報をリアルタイムで確認できる専用アプリになります。

 

まとめ

操作感は MAVIC2 PRO と変わらず行えます。

200g 以下とはいえトイドローンとは違い姿勢制御も付いているので安定して飛ばせます。

ただ、全方向にセンサーが付いていた MAVIC2 PRO と違いセンサーが付いていないので操作には注意が必要です。

 

ハイキングに行ったときなど、いい景色の所でドローン撮影をしたいと思ったこともありましたが、そこそこの重量のあるドローンを持っていくのはキツく実現できませんでしたが、MINI なら持っていけますね

 

1 個のコメント

  • こんにちは。出かけた先での撮影用に小さいドローンを探していました。参考になりました。車でない時などはやはり軽い方が携帯には楽ですものね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です